バッキャローではない?

とあるものを購入したついでに現在の無線環境の更新をしてみました。

現在使用の無線LANルーターは、NECAterm WR8370N」。
802.11n・b・gが利用可能です。

ただ最近固まる事がたまにあり、購入して5年ほど経過する事も考慮してついでに買い替えへ。

今まで無線ルーターは、NEC製を利用していたのですが今回は違うメーカーにしてみました。

それは、「AirStation WSR-2533DHP-CG」
AirStationという名前の通り、バッファローです。

今まで「バッキャロー」というぐらい、この製品でいい思い出がないのですが今回は少し評判がまっしそうなので購入。

それと「シャンパンゴールド」の色があるという理由だけで買ったのもありますが。(^_^;)
この製品、現在使用の無線LANルーターから設定を引き継げる「引っ越し機能」があるのですが、今回は使用せず手動で設定。

ちなみにこの製品、最初から無線に暗号化設定されており台座についているカードにパスワードが記載されています。

いつもなら有線LANで接続して設定していくのですが、横着して無線LAN経由で設定変更してみました。

(これが時間の無駄になるとは、その時気づかなかった…)

カードを見ながらWSR-2533DHPへ接続、ユーティリティで設定を続けていく中でWSR-2533DHPのipアドレスを変更し再起動。

…WSR-2533DHPへ接続できなくりました。orz

WSR-2533DHP側のIPアドレスを変更しても、DHCP配布側のIPアドレスまで連動して変更してくれないんですねぇ。(>'A`)>ウワァァ!!


気付くのに数分掛かりましたよw

仕方がないので一度最初帰化して上で有線LANで接続して設定し直します。

ついでにアクセスポイント名や無線のパスワードも変更し再起動。

今度は、問題なく設定完了。

しかしこのWSR-2533DHPの起動時間は、結構掛かるのがマイナス点ですね。

それにしてもバッファローのHPに上がっているQ&Aは、動画で説明しているものもあるんですね。

話は戻して、無線ルーター側の設定は完了したので今度は無線LAN中継器側「WEX-300」の再接続設定です。

同じバッファロー製なのでAOSSを利用して再設定します。

というか、お互いボタン長押しでLEDの点滅を見ながら待つだけですが。(ノ∀`)

この方法もわからなければ、バッファローのHPに載っています。

※もちろんインターネットに接続しないと見れないわけですが。

これで「WSR-2533DHP」と「WEX-300」と接続できた状態になるので現在仕様の「Aterm WR8370N」と交換します。

無事ネットも接続し、無線LANに接続しているPCやスマホも接続できる事を確認。

元の光回線が100Mなので恩恵は無いですが、WR8370Nが固まる毎に切り分けや再起動する手間が省けただけまっしかなと。

そして今までの「バッキャロー」について、この製品では問題ないです。

初心者の方でも最初から無線LANにパスワードが掛かっており、ユーティリティを使ってウィザードに沿って設定していくだけで回線接続できるという点では良いと思います。

黒や白が多い家庭用無線LANルーターの製品の中で「シャンパンゴールド」とインテリアに溶け込める様な色合いも良いと思います。

バッファローの一番上位クラスの製品と違い、アンテナも内蔵ですし。)

なおこの製品、今回は縦置きで設置しましたが横置きにして台座も取り付ける事ができます。

それにしても、数年放置した「Aterm WR8370N」埃で汚さすぎ。(もしかして、それが不調の原因?!)