[PC]ASUS Vivobook S 14X OLEDの内蔵DISKをベンチマークしてみました。

今更ですが、あけましておめでとうございます。m(_ _)m
ASUS Vivobook S 14X OLEDの今回は、内蔵DISKのベンチマークを測ってみました。
ASUS Vivobook S 14X OLEDの内蔵DISKはPCI Express接続のSSDですが、最近の4.0ではなく3.0のx4接続です。
他のAMD 6900HXを使用しているミニPCとかを見るとPCI Express 4.0なのに、何故か3.0です。
このPCでびマイナス要素で、最も大きな部分だと思います。
もしかして、SSDの発熱を抑える為に敢えて3.0のSSDにしているのかもしれないです。
ベンチマーク計測の前にCrystalDiskInfoを使って、内蔵SSDの状態を見てみます。
開封直後ではなく、もう使用している状態のことをご了承ください。)

内蔵しているSSDは、インテル「SSDPEKNU512GZ」というのが使用されているようです。
「SSDPEKNU512GZ」の型番をネットで検索すると、以下の情報がわかりました。
メーカ:intel
製品名:670p
種類:QLC
読み込み速度:3000 MB/s
書き込み速度:1600 MB/s

えっ、SSDの種類TLCではなくQLCですか!
個人的には、システムドライブとして耐久性に少し不安が出てきます。_| ̄|○

それでは、早速DISKのベンチマークを測ってみます。
使用するベンチマークソフトは、CrystalDiskMarkを使用します。

計測結果としては、公表値通りということでしょうか。
ぶっちゃけ言えば、PCI Express 4.0でTLCSSDを搭載して欲しかったというのが正直なところです。
熱やコスト的な部分があると思うので、仕方がないのかもしれませんが。

[PC]ASUS Vivobook S 14X OLEDをCinebench R23してみた。

先日書いた通り、ASUS Vivobook S 14X OLEDのCinebench R23をしてみました。
結果的に現在メインPCで使用しているi5 10400を大幅に上回り、最低スペックですがM1搭載のMac Book Airと比べてもマルチでは倍以上の数値を出している事にびっくりしました。(゚∀゚) 

CPU   マルチ シングル
6900HX  12571  1546
i5 10400   7277     1093
M1         6080  1491
N5095       2159   609

もうこれは、完全メインPCに確定です。
ただ現在のメインPCの方が優位点は、メモリとDISKです。
現在のメインPCのメモリ現在32GBですが、ASUS Vivobook S 14X OLEDは16GBで増設や交換ができないのが難点です。
DISKに関して現在のメインPCは自作機なので交換や増設は安易にできますが、ASUS Vivobook S 14X OLEDは内蔵に関しては交換ができずUSBで増設するしか方法がないのが現状です。
Amazonを見ているとM.2.のSSDが内蔵できるドッキングステーションを見つけたので、それを買って家の中では接続して使うというのも手かなと思っていたりします。(^^;)

 

 

[PC]ASUS Vivobook S 14X OLEDで気になったこと。

先日購入したASUS Vivobook S 14X OLEDですが、まだメインPCへの移行はまだです。テヘッ
ただ、使っていて気になった点を書きます。
1つ目は、高負荷時にFANの音がかなりする事です。
家で使って入る分には自作PCのFANの音で慣れていますが、もし外でこのPCでFANが高回転で回る事があればかなり周りの迷惑になりそうな気がします。
そこは、MyASUSソフトの中にあるファンモードを「ウィスパーモード」にする事により少なくする必要がありそうです。

2つ目は、指の油脂がわかりやすいことです。
筐体が黒のつや消しで仕方がないのかもしれませんが、特に天板などはかなり目立ちやすいと思えます。
Mac Bookとかであれば、シートを貼って目立たせないようにする事もできるのでしょうがこの機種の場合はそのようなシートが販売されていないので時々拭くしかなさそうです。

3つ目は、ACアダプアターのコンセントケーブルが太い事です。
このPCは「90W」のACアダプターが付属するのですが、正方形で思ったより小型には思えるもののそこからコンセントに挿すケーブルが太めのケーブルなのです。
そのため、ACアダプターからPCへは一般的なUSBケーブルと同じぐらいの太さなので取り回しはいいものの、ACアダプターからコンセントへのケーブルが太いのでそこの部分の取り回しがあまりよろしくないです。
PCと一緒に付属品のACアダプターも鞄に入れて持ち歩くというのは、難しいように考えられます。
これは、別途90W以上もいけるUSB-Cの充電アダプターを探して購入するしかないような気がします。
Amazonで探してみるとAnkerの100Wまで対応のACアダプターで約9000円とかなり高価です。
65Wなら小型のACアダプターを持っているのに残念です。

4つ目は、キーボードの「\」「無変換」「変換」キーの幅が狭い事です。
キーボードの左右にかなり余裕があり、かといってその部分がスピーカーでもないのでもう少しキーボードを拡げられたのでは思え残念です。
(まぁ、たしかに使用頻度は少ないかもしれないですが。)
あとは、よく指紋認証が通らない事もありますがこれは個人的な部分なのでなんとも言えないです。

次回は、Cinebench R23でCPUベンチを測ってみようかと思います。(^^;)

 

↓ケーブルが太い。orz

 

[PC]メインPC変えました。

久しぶりの更新となります。_| ̄|○
今回、冬ボーナスがもらえたので速攻購入しました。
iPhone買い替えると言ったな、あれは嘘だ」(映画「コマンドー」風)
はい、最初iPhoneを買い替える予定でしたがメインPCを買えることにしました。
(来年、iPhoneがUSB-Cになったら買い替えたい。)
メインPCを買い替えると言っても、現在の仕事用PCから昇格させた第10世代I5の10400CPUでの自作PCで十分なんですけどね。
ゲームをしまくるわけでは、ないですし。
新しいPCメインPCについて、自作機ではなくノートPCで以下の条件で探してみました。

1.予算20万円以下で安い方がいい
2.CPUは、8コア16スレ
3.インテルCPUならグラフィック別搭載必須
4.メモリは、16GB以上
5.DISKは、SSDで512GB以上(今は逆にHDD搭載している方が少ないか)
6.液晶は14インチ
7.重さは、1.5kg以下
8.電源は、USB PD供給であること

この条件で探したのですが、好みだとレノボThinkPadの「T14」とか「P14」でSSDやメモリはあとで入替えるとしてなんとか20万円ぐらい。
これでほぼ決定かなと思っていたら、Amazonのセールで見つけてしまいました。
ASUS Vivobook S 14X OLED
求める条件をほぼ満たしてAmazonのセールで15万円を切る価格で、しかも液晶は「OLED」。
唯一のマイナス面は、重量が1.6kgと重い。
思いといっても、毎日ではなく年に何回かぐらい持ち歩くぐらいだから妥協できるかなと。
しかし、他にもないかなと何日間か他のPCを見てみたり悩んでみたししてましたがやはりこれが求める条件的にバランスがいいなと思い購入することに。
そしていざ購入しようとAmazonを見るとセールが、終わってましました。ガーン!
諦めるしかないのかと思いきや、ASUSのオンラインショップで12月25日までセールで同じ値段が買える事を知りました。
さっそく、内容を確認してプラス修理費が3年間0円(最大3回まで)の保証の14800円を足して購入。
あとは別の機会に書くとして、来ました次期メインPCの「ASUS Vivobook S 14X OLED」。
多少ずっしり感はありますが、リュックに入れれば気にならない重さ。
だが、開梱して一つ気に入らない点が。
ASUSだけに限らず他メーカーのノートPCにも言えることですが、スペックやらサポートのシール貼りすぎ。(´Д`)
せっかくのデザインが、台無しですよこれ。
筐体デザインや色を凝るなら、こういうシールも最初は貼らずに必要なら貼ってくださいと別シールにした方がよいのではないでしょうか。
しかも、サポートお知らせシールが紙シールで剥がしても糊が残って除去に手間が掛かりましたし。
ということで、その他の点はまたの機会に。

 

 

[PC]N5095をベンチマークとってみた

先日購入しブログでも書きました「Beelink MINI S」ですが、これが搭載されているCPUは「N5095」というCeleron系CPUが搭載されています。
最近ノートPCやミニPCで搭載されている同系列では「N5100」というCPU搭載機が多いのですが、ナンバー通り若干性能が削られています。
「N5095」は、「N5100」から最低消費電力部分やGPUのユニット数を削ったCPUとなります。
手元に「N5100」搭載機種がないのでベンチマークの比較は出来ませんが、その他の古めなモバイル系インテルCPUとベンチマークを計測してみました。
ベンチマークソフトは、「CineBench R23」です。
まずは、マルチから。
N5095     2159
I5-6300U 1616
I3-7100U 914

そしてシングルです。
N5095     609
I5-6300U 708
I3-7100U 514

ちなみに参考としてMac Book Air M1だとマルチが「6080」、シングルが「1491」でした。
モバイル系CPUが他にあればよいのですが。(苦笑)
この数値の事から「マルチではモバイル系第6世代i5より数値は高く、シングルでは若干低い」という事になりました。
う〜ん、なんか微妙ですね。(^^;)
モバイル系第6世代i5搭載の中古ノートを買ってきて据え置き代わりにするなら、Windows11がインストールされていて新品で保証があるこれを買った方が若干精神的によいと思える程度なのかもしれません。

[PC]ミニPC買ってみました。

久しぶりのPCネタです。
テレワークが多くなった事によって、家で使用しているPCは専用に用意した私物のPCなのですが文書作成レベルで第10世代i5では少しオーバスペックかなと思いミニPCを購入してみました。
主な目的は微々たるものですが、消費電力も下がればいいかなと。
Amazonを見ていて、クーポン利用で安いミニPCを見て購入を思いついただけで、理由は後付です。(苦笑)
Amazonで売られているミニPCで有名なメーカーだと「CHUWI」や「MINISFORUM」ですが、たまたま目に入った格安ミニPCは「Beelink」というメーカーのミニPCです。
「Beelink」は、ネットで調べてみると中国の深センにあるメーカーのようです。
今回購入したそのPCは、「Beelink  MINI S」という機種です。


CPU:第11世代 Celeron N5095(4コア/4スレッド)
メモリ:8GB(SODIMM DDR4)
ストレージ:128GB(SATAタイプ M.2.SSD
画面出力端子:HDMI 2ポート
USB端子:3.0 4ポート(前2ポート、背面2ポート)
ネットワーク:有線LAN(ギガビット) 1ポート、無線(802.11b/g/n/ac)、Bluetooth4.0

といったスペックです。
Celeronと言えども第11世代で4コアあり、なんといってもこのスペックでクーポンを使う事によって2万円ちょっとの価格で速攻買いました。
気になる点としては、値段上仕方がないのかもしれませんがストレージのSSDが「NVMeタイプ」ではなく「SATAタイプ」というところでしょうか。
それでも、HDDに比べれば速いわけですが。
さて購入後の翌日には手元に届き、実物を見るとめっちゃ小さい。
恐らく今まで所有してきたWindows系PCでは、最小の部類です。
(世の中には、スティック型やカードサイズ的なPCも存在しますが、そこには今まで購入はしていないので。)
このPC、この価格にも関わらずOSはWindows11のHomeではなくProがプリインストールされています。
ただ気をつける点としては、最初のセットアップ時キーボード配列が109ではなく104の英語キーボード配列になっている事です。
購入時にネットで調べて知っていたので、セットアップ時に104英語配列キーボードを接続して普通に初期セットアップして、その後109日本語配列キーボードの設定変更したので問題ありませんでしたが、初心者で最初の1台目PCだと少し悩むかもしれません。
画面表示は、日本語表記なのでスマホなどでキーアサインを調べて入力をしていけば何とか初期設定はできると思います。
今の所1日数時間使用で約1週間経ちますが、不具合もなく動いてWordなどで文書作成やWEB閲覧(動画も)ぐらいなら普通に使えています。

 

 

[イヤホン]イヤーピースを選んでみる

前回SONYのイヤホン「LinkBuds S」を買い、良い点と悪い点を書きました。
今回、イヤホンを購入後にいつも試すイヤーピースの交換を試しました。
手持ちのいろいろなイヤーピースを試しましたが、これはいいなと思った3種類について書きます。
※あくまで個人的感想で、私の肌や感覚で書いています。
 ちなみに私は、イヤーピースでシリコンより低反発ウレタンの方が好みです。

1.AZLA SednaEarfit Crystal
 ネットで「LinkBuds S」との組み合わせで良い評判が見受けられるイヤーピースです。
 たしかにフィット感も良く、純正に比べて遮音性も上がって非常に良いと思います。
 ただ残念な部分は、首を動かした際にイヤーピースと耳の間のフィットが低下して遮音性が落ちるということがありました。
 それと、ある程度の時間を装着していると耳に違和感を感じることもありました。

2.SONY EP-NI1000M (ノイズアイソレーションイヤーピース)
 ポリウレタン系で「コンプライ」が、装着できないので代わりに購入してみました。(ワイヤレスイヤホン用と記載のあるコンプライも買ってみたのですが、コンプライ側の穴が小さく付けられませんでした。)
 SONY同士という事で装着した見た目も違和感がなく、いい感じです。(笑)
 音質的に低音で、若干増幅された感じがします。
 遮音性もよく、首を傾けてもSednaEarfit Crystalのように密着度が低下するようなこともありませんでした。
 次の製品を買うまでは、このイヤーピースを付けていました。
 ただし難点としては、1セットの価格的にコストパフォマンスが非常に悪いように思えます。

3.AZLA SednaEarfit MAX
 「医療用メディカルシリコン使用」という謳い文句(?)で耳に優しいという、話題のイヤーピースです。
 ネット動画で見て同じSednaEarfit Crystalと比べて柔らかく、首を傾けた時の隙間も出来にくいのではと思い買ってみました。
 買って見て思ったのは、たしかにSednaEarfit Crystalに比べてかなり柔らかいことです。
 装着してみた感じではEP-NI1000M と比べて低音が薄くなりますが、許容範囲という感じです。
 一番良いと思ったのは、ある程度の時間を装着していても違和感を感じないことでした。
 購入する場合は、ひとまず3サイズが1セットずつ入った物を買う事をお勧めします。
 ただ残念な点は、たぶん成形が難しいのかネット部分のハニカムになっておらずバリのような状態になっている箇所が1箇所がありました。
 (パット見でイヤーピース1個だけその状態だったので、そのまま使用することにしましたが。)

結果純正イヤーピースから付け替える場合は、「AZLA SednaEarfit MAX」がお勧めだと思います。

その後、また違うワイヤレスイヤホンを買ったのですが。( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン