[PC]N5095をベンチマークとってみた

先日購入しブログでも書きました「Beelink MINI S」ですが、これが搭載されているCPUは「N5095」というCeleron系CPUが搭載されています。
最近ノートPCやミニPCで搭載されている同系列では「N5100」というCPU搭載機が多いのですが、ナンバー通り若干性能が削られています。
「N5095」は、「N5100」から最低消費電力部分やGPUのユニット数を削ったCPUとなります。
手元に「N5100」搭載機種がないのでベンチマークの比較は出来ませんが、その他の古めなモバイル系インテルCPUとベンチマークを計測してみました。
ベンチマークソフトは、「CineBench R23」です。
まずは、マルチから。
N5095     2159
I5-6300U 1616
I3-7100U 914

そしてシングルです。
N5095     609
I5-6300U 708
I3-7100U 514

ちなみに参考としてMac Book Air M1だとマルチが「6080」、シングルが「1491」でした。
モバイル系CPUが他にあればよいのですが。(苦笑)
この数値の事から「マルチではモバイル系第6世代i5より数値は高く、シングルでは若干低い」という事になりました。
う〜ん、なんか微妙ですね。(^^;)
モバイル系第6世代i5搭載の中古ノートを買ってきて据え置き代わりにするなら、Windows11がインストールされていて新品で保証があるこれを買った方が若干精神的によいと思える程度なのかもしれません。

[PC]ミニPC買ってみました。

久しぶりのPCネタです。
テレワークが多くなった事によって、家で使用しているPCは専用に用意した私物のPCなのですが文書作成レベルで第10世代i5では少しオーバスペックかなと思いミニPCを購入してみました。
主な目的は微々たるものですが、消費電力も下がればいいかなと。
Amazonを見ていて、クーポン利用で安いミニPCを見て購入を思いついただけで、理由は後付です。(苦笑)
Amazonで売られているミニPCで有名なメーカーだと「CHUWI」や「MINISFORUM」ですが、たまたま目に入った格安ミニPCは「Beelink」というメーカーのミニPCです。
「Beelink」は、ネットで調べてみると中国の深センにあるメーカーのようです。
今回購入したそのPCは、「Beelink  MINI S」という機種です。


CPU:第11世代 Celeron N5095(4コア/4スレッド)
メモリ:8GB(SODIMM DDR4)
ストレージ:128GB(SATAタイプ M.2.SSD
画面出力端子:HDMI 2ポート
USB端子:3.0 4ポート(前2ポート、背面2ポート)
ネットワーク:有線LAN(ギガビット) 1ポート、無線(802.11b/g/n/ac)、Bluetooth4.0

といったスペックです。
Celeronと言えども第11世代で4コアあり、なんといってもこのスペックでクーポンを使う事によって2万円ちょっとの価格で速攻買いました。
気になる点としては、値段上仕方がないのかもしれませんがストレージのSSDが「NVMeタイプ」ではなく「SATAタイプ」というところでしょうか。
それでも、HDDに比べれば速いわけですが。
さて購入後の翌日には手元に届き、実物を見るとめっちゃ小さい。
恐らく今まで所有してきたWindows系PCでは、最小の部類です。
(世の中には、スティック型やカードサイズ的なPCも存在しますが、そこには今まで購入はしていないので。)
このPC、この価格にも関わらずOSはWindows11のHomeではなくProがプリインストールされています。
ただ気をつける点としては、最初のセットアップ時キーボード配列が109ではなく104の英語キーボード配列になっている事です。
購入時にネットで調べて知っていたので、セットアップ時に104英語配列キーボードを接続して普通に初期セットアップして、その後109日本語配列キーボードの設定変更したので問題ありませんでしたが、初心者で最初の1台目PCだと少し悩むかもしれません。
画面表示は、日本語表記なのでスマホなどでキーアサインを調べて入力をしていけば何とか初期設定はできると思います。
今の所1日数時間使用で約1週間経ちますが、不具合もなく動いてWordなどで文書作成やWEB閲覧(動画も)ぐらいなら普通に使えています。

 

 

[イヤホン]イヤーピースを選んでみる

前回SONYのイヤホン「LinkBuds S」を買い、良い点と悪い点を書きました。
今回、イヤホンを購入後にいつも試すイヤーピースの交換を試しました。
手持ちのいろいろなイヤーピースを試しましたが、これはいいなと思った3種類について書きます。
※あくまで個人的感想で、私の肌や感覚で書いています。
 ちなみに私は、イヤーピースでシリコンより低反発ウレタンの方が好みです。

1.AZLA SednaEarfit Crystal
 ネットで「LinkBuds S」との組み合わせで良い評判が見受けられるイヤーピースです。
 たしかにフィット感も良く、純正に比べて遮音性も上がって非常に良いと思います。
 ただ残念な部分は、首を動かした際にイヤーピースと耳の間のフィットが低下して遮音性が落ちるということがありました。
 それと、ある程度の時間を装着していると耳に違和感を感じることもありました。

2.SONY EP-NI1000M (ノイズアイソレーションイヤーピース)
 ポリウレタン系で「コンプライ」が、装着できないので代わりに購入してみました。(ワイヤレスイヤホン用と記載のあるコンプライも買ってみたのですが、コンプライ側の穴が小さく付けられませんでした。)
 SONY同士という事で装着した見た目も違和感がなく、いい感じです。(笑)
 音質的に低音で、若干増幅された感じがします。
 遮音性もよく、首を傾けてもSednaEarfit Crystalのように密着度が低下するようなこともありませんでした。
 次の製品を買うまでは、このイヤーピースを付けていました。
 ただし難点としては、1セットの価格的にコストパフォマンスが非常に悪いように思えます。

3.AZLA SednaEarfit MAX
 「医療用メディカルシリコン使用」という謳い文句(?)で耳に優しいという、話題のイヤーピースです。
 ネット動画で見て同じSednaEarfit Crystalと比べて柔らかく、首を傾けた時の隙間も出来にくいのではと思い買ってみました。
 買って見て思ったのは、たしかにSednaEarfit Crystalに比べてかなり柔らかいことです。
 装着してみた感じではEP-NI1000M と比べて低音が薄くなりますが、許容範囲という感じです。
 一番良いと思ったのは、ある程度の時間を装着していても違和感を感じないことでした。
 購入する場合は、ひとまず3サイズが1セットずつ入った物を買う事をお勧めします。
 ただ残念な点は、たぶん成形が難しいのかネット部分のハニカムになっておらずバリのような状態になっている箇所が1箇所がありました。
 (パット見でイヤーピース1個だけその状態だったので、そのまま使用することにしましたが。)

結果純正イヤーピースから付け替える場合は、「AZLA SednaEarfit MAX」がお勧めだと思います。

その後、また違うワイヤレスイヤホンを買ったのですが。( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

[イヤホン]SONY「LinkBuds S」買いました。

最近、購入したワイヤレスイヤホンの一つです。
それが、SONY「LinkBuds S」です。
付け心地がよく外部取り込みも優秀との前評判を見て、実は発売日に購入しました。(´∀`)テヘッ
たしかに言われている通り、「軽い」「かわいい」です。
付け心地も良くて耳からはみ出てることなく、これは大きさを気にされる方にはぴったりかと思います。
ただし気になる点は、付属のイヤーピースが「SS、S、M、LL」となぜか「L」が無いことです。
箱の大きさの関係上で無理だったのかもしれませんが、そこまで入れているのであれば「L」も同梱して欲しかったなという感じです。
6月4日に手に入れて時々使っての感想です。
※音質とかは、各個人の感性に左右されるので販売店で試聴されることをお勧めします。

○良い点
 ・耳に違和感なく収まり、見た目も良い。
 ・軽いので耳への加重の負担が、少ない。
 ・外部取り込みが、若干違和感はあるもののかなり優秀で自然に近い状態で聞き取れる。
 ・ノイズキャンセラーもかなり優秀で、電車内での騒音をかなり打ち消してくれる。
 ・ケースも小ぶりであるものの、LEDが大きく光るので充電などの視認性がよい。

✖悪い点
 ・付属のイヤーピースだと首を傾けた際に隙間から騒音が入ってきて、折角のノイズキャンセラーが台無しになる事がある。
 ・音質から考えると2万円台は、若干高く感じる。
 ・アプリによるタッチ回数への操作割当が、個々に設定できない。

価格が1万6000円前後なら、間違いなく「お勧めで買い」なワイヤレスイヤホンの1台になると思うのですが、現状の2万円前後と考えると音質を若干犠牲にしてでも、装着感や出っ張りが嫌な人だったら買いかなと思います。(´・ω・)
イヤーピースに関しては、色々試してあるものに落ち着きました。
(それは、また別の機会に書きます。)

[ガジェット]Amazon Echo Show 5を購入してから5ヶ月

Amazon Echo Show 5を購入してから5ヶ月経過で、Amazon Echo Spotと比べて気になったことがあったので書きます。
まずAmazon Echo Show 5にして良かったことです。
1.画面が広く視認性が良い。
2.音質が低音に厚みが出て良くなった。
3.カメラシャッターが付いているので、プライバシーが守られる。
4.形状が四角なので、どこに置いて無難なデザイン。

Amazon Echo Spotと比べて気に入らない所です。(うちのAmazon Echo Show 5だけなのかもしれない部分もあります。)
1.音声認識の制度が落ちている?
 たまにタイマーなどで間違える事があります。
 (Echo Spotの時は、なかったです。)
2.これもタイマーですが、最近タイマーの残り時間が消える事がある。
 (画面上から消えても、実際はタイマーが動いている。)
3.ホーム画面が消えて時計も消えるので時間を見たい時にわからない。
 (Alexaと呼びかけて、「ホーム表示」と言ってもホーム画面が表示されない。)

うちだけだと思いますが、画面表示系が消えるのが非常に辛いです。
電源を抜き差しすると復旧するのですが、余り起きなくても面倒くさいです。
私の使い方だとEcho Spotの方が使い勝手が、良かったです。
Amazon、Echo Spot再販してくれないかな。(´・ω・`)
(今まで持っていたEcho Spotはありますが、一度落ちて画面表示がプルプル震える現象が起きて使えない状態です。)

[PC]Mac Book Air M1のベンチマークをとってみた。

先日購入したMac Book Air M1ですが、メインPCのCPUとの性能が気になったのでベンチマークをとってみました。
比較したメインPCと仕事用で使っているPCのCPUです。

メインPC:第8世代 i7-8700(6C12T 3.2GHZ Turbo時4.6GHz)
仕事用PC:第10世代  i5-10400(6C12T2.9GHz Turbo時4.3GHz)

ベンチマークソフトは、Cinebench R23です。
そして各ベンチマーク結果が、以下です。

・i7-8700
 Multi Core :7036
 Single Core:1127

・i5-10400
 Multi Core :7277
 Single Core:1093

Mac Book Air M1
 Multi Core:6080
 Single Core:1491

マルチコアではメインPCのi7 8700が辛うじて上回っていますが、シングルコアではMac Book Air M1の方が勝っています。(´・ω・`)
あくまでCPUだけの性能なので、他のグラフィック性能とか入れると第8世代という旧型のPCであるメインPCとしては十分な性能があるわけですが。
(メインPCは、メモリ32GBとグラフィックボードとしてAMD RX6900XTを搭載しています。)
ただメインPCに近いCPU性能を持つM1チップ搭載して、この軽さのノートPCに入っていることを考えると十分凄いと思います。

[PC]今更ながら買いました(笑)

今さながら、M1 Mac Book Airを購入しました。\(^o^)/
巷では、6月のWWDCで発表されるかもという噂がありますが気にせず購入しました。
iPad Air(第四世代)+Magic Keybordの組み合わせでも、満足はしていました。
ただ、もうすこし画面が大きくてM1チップ搭載でキーボードのMacが欲しくて衝動買いしちゃいました。(´∀`*)テヘッ
今までMac Book Air(2011)やMac Book Pro 13int(2016)を使っていたので、蓋を閉じた状態での新鮮は感じませんでした。
ただ初期設定を終えての感想では、OS起動が早いという違いがすぐわかりました。
また、電源ボタンを兼ねるTouch IDが便利ですね。(iPad Airでも認識がよかったですが。)
ちなみに購入したMac Book Airは店頭販売の一番スペックが低いモデルです。(苦笑)
Boot Campは使えないのでWindowsを入れる事もないし、動画編集をするわけでもないのでSSDは最低容量でいいかと思いました。
ただメモリだけは、8GBじゃなくて16GBにしておけばよかったかもとか思ったりはしましたが。
iPad Airと気分で使い分けようかなと思っています。